週明けに疲れが取れないのは、休暇の過ごし方に問題があった?!

リフレッシュのポイントは休暇にあり

休暇だからこそアクティブに過ごそう

「休みの日は一日寝ていたい……」でも、ちょっと待って!その方法じゃ、本当に疲れは取れないかもしれません。
休暇にこそ体を動かすことって必要なんです。その立証として、最近「アクティブレスト」が人気を呼んでいます。

「アクティブレスト」…日本語で「積極的休養」を示す言葉。休日に運動をする事で、体の回復機能を高めてくれる

アクティブレストは海外やスポーツ選手の間で用いられ、効果的な疲労回復法として使われています。「体を動かしたら余計疲れるんじゃないの?」という声もありますが、実は全くの逆。休日に一日中寝ていたりゴロゴロしたりといわゆる「休みすぎ」の状態は危険。脳は疲れていても体は動かさないので、体の疲労回復がうまく行なわれないのです。アクティブレストにより意図的に体を疲れさせることで、本能的に体は回復の方向へ向かっていきます。
適度に疲れを感じられるようなジョギングや水泳を行い、その後はしっかりストレッチ。休暇を使って、心地よい疲れを満喫しましょう♪

旅行は計画から楽しもう

子どものころ、遠足のしおりにワクワクした人は多いかと思います。学生の時みんなで立てる旅行計画も、話し合うだけで楽しい時間に思えましたよね。旅行の醍醐味は計画にあり。「気ままにぶらり旅」とはいっても、実際のところはみなさん結構こまかな計画を練っているみたいですよ。

これが旅行の計画上手
①人気スポットは朝に攻める!(団体観光客とのかぶりを避ける)
②うまくいかない時のために、第二、第三のプランを用意しておく(想定外を楽しめる旅に!)
③80%で満足する旅を目指す(「ちょっと足りないくらい」がちょうどいい!)


友達同士、恋人同士と、旅行の同行者と話し合いながら、楽しい思い出をたくさん作れる旅行にしましょう!

休暇を取りやすい環境を整えよう

せっかく休暇の予定をたてても、肝心のお休みが取れないと台無しです。休暇を取りやすい環境を整えておくことも大切ですね。
サービスや販売などシフト制のお仕事は、週末に休暇を取るのって結構難しいです。他のスタッフとの兼ね合いもあるし、週末がかき入れ時なので心情的に休みにくいということもあるでしょう。
そんな時は、日頃から積極的に週末のシフトに入っていきましょう!そして、どうしてもお休みが欲しい日だけ希望を出せば、あっさり申請が通るかも。周囲は「いつも急がしい週末に働いてくれる人!」という印象を持っていますから、多少のワガママは聞いてくれるのではないでしょうか?
休暇をもらった後は、会社に感謝の気持ちを伝えるため、おみやげは忘れずに。

こちらの記事も合わせて読みたい!

働く女性のお悩み解消法働く女性のお悩み解消法現代女性に求められる役割は幅広く、それに振り回されるうちに身も心も疲れきってしまう……そんな人が増えています。全てをうまくやろうとせず、無理のない方法でほどよく「手抜き」することが、現代を賢く生き残る秘訣かもしれませんよ。

働く女性の癒しグッズと一工夫働く女性の癒しグッズと一工夫日々のつらいストレスを癒すには、自分なりの癒しの手段を得ることが大切。女性のための癒しグッズとして、アロマテラピーが不動の人気を誇っています。アロマテラピーを日常に取り入れて、ストレスをうまく和らげましょう。

ページTOPへ